ビタミンC誘導体化粧水でニキビ予防!

title
VCローションはニキビのできにくい肌作りをするためめに欠かすことのできない美容成分となります!

ニキビケアに使う化粧水はビタミンC誘導体入り!

ビタミンC誘導体でニキビケア!

ニキビができた人。できやすい体質の人はビタミンC誘導体配合の化粧水を使ってケアしていくと効果的です。ビタミンCにはニキビの原因である皮脂を抑える作用があります。

 

つまりニキビを予防するにはうってつけの美容成分。

 

ただ、ビタミンCといったも色々な種類があります。肌に吸収されやすい形に仕上げているのがビタミンC誘導体です。これにも種類があり、ニキビ予防として使いたいのは肌に浸透するタイプのもの。

 

高浸透型として重宝されるのがリン酸型やAPPS(アプレシエ)といったビタミンC誘導体です。イオン導入器を使わなくても肌になじみ角層深くまで浸透してくれるビタミンCになります。

 

またニキビができる人にとって乾燥は大敵。ビタミンC誘導体を補給するとより乾燥を感じる人もいますので、VCローションを使ったあとは必ず保湿美容液を使い保湿ケアをすることも大切となります。

 

大人ニキビにはイオウ・ニキビ用化粧品は注意が必要!

ニキビ用化粧品にはイオウが使われている場合も多々あります。殺菌作用や角質を柔らかくする作用があるのですが、大人ニキビができるような年代には実は不向き。

 

理由は刺激が強いために肌荒れを起こしやすい成分でもあるからです。

 

イオウ配合の化粧品は10代などの皮脂分泌が多くてできるニキビである思春期ニキビには効果的とされています。20代、30代でイオウ配合ニキビケア化粧品はあまりオススメすることができません。

 

他にも市場にはニキビ専用コスメがありますが、市販されているものの中には乾燥肌を刺激してしまうものも多くあるのが現状です。

 

もし、ニキビ専用コスメを使う場合は表示に敏感肌対応・大人ニキビ専用といった表記があるものを選定する方が無難です。それでも刺激を感じるようであれば、やはりビタミンC誘導体化粧水+低刺激な保湿美容液の組み合わせが一番効果が高いと思いますよ!

 

ビタミンC誘導体化粧水を使ってニキビのできにくい環境作り!関連ページ

ニキビができた!スキンケアはどうすればいいの?
ニキビができた時にまずは知っておきたい大切なスキンケアの基本を紹介します!
睡眠を確保することもニキビケアにとって大切!
睡眠不足だとホルモンバランスが崩れてニキビを悪化させてしまう原因になります。
背中やお尻にもニキビがなんでできるのか?
体にできるニキビについて原因やスキンケア方法などを紹介します!
毛穴の状態によってニキビができてしまう!?
毛穴トラブルはニキビに発展する恐れもある症状。ニキビになりやすい毛穴症状を紹介します!